【 ネッタ峠 Bird Wathing Field Guide(仙台市太白区・青葉区) 】


バードウォッチングに適した時期 4月〜5月

 仙台市内から車で約1時間の低山です
 出発地点の秋保大滝は、那智、華厳と並び称される日本三名瀑のひとつ

 春先の雪解けの頃、気の早い夏鳥、気の遅い冬鳥、獣も観察できます  

【 周辺図(1/50000) 】

netta-100000.gif (30kb)

 バ ス  仙台駅前から市営バス二口温泉行き乗車、秋保大滝下車
または仙台駅から仙山線乗車、陸前白沢駅下車、市営バス二口温泉行きに乗り換え、大滝下車
 車  仙台市中心より国道286号線を山形側へ向かい、途中から秋保温泉方面で向う
秋保温泉を過ぎ、二口温泉に向う道沿い

【 バードウォッチングデータ 】

4月〜5月  渓流ではミソサザイ、オオルリが、暗めに林ではサンコウチョウが観察できる
 林ではシュジュウカラ、エナガ、ヤマガラ等にカラ類、キツツキ類が観察できる
 開けた場所ではカシラダカ、ホオジロ等のホオジロ類が観察できる

 頭上では、オオタカ、運がよいとクマタカが観察できることがある

 ニホンザル、カモシカ、ツキノワグマも生息している

【 バードウォッチングモデルコース(詳細図) 】

netta-25000.gif (16kb)

季節はバードウォッチングデータを参照して下さい
 【 P1 】
 歩き始めるとミソサザイのさえずりが、よくあたりを見回すとキツツキ類やカラ類が観察できる
 ニホンザルもよく観察できる
 4月上旬なら、カタクリ、イチゲ、ニリンソウ等が咲いている
 【 P2 】
 峠に差し掛かると、オオタカ、ハイタカ、運がよいとクマタカ等が観察できる
 カモシカも観察できるかmしれない
 【 P3 】
 峠を越えた沢ではサンコウチョウの声が聞かれるかもしれない
 里近くの葦原や畑では、ホオジロに仲間が観察できる

 日本野鳥の会宮城県支部探鳥会の記録

アフターバードウォッチング (1)公共交通機関を利用し、帰りにニッカウィスキー工場でウィスキー等の試飲をするのもよい
(2)秋保大滝に開いている店では、果実酒等が売られている

フィールドノート (1)サル、カモシカ以外にもクマも棲息しているので、鈴などの対策を忘れずに
(2)ここ数年、林業等のため林道工事が行われている
 できたら、自然環境と共存を図って欲しい


本ページ掲載の地図データは、[MapFan IV]収録のデータを使用しています。

inserted by FC2 system